法人理念・運営方針

<法人理念>

「礼節を重んじ、目で見、耳で聴き、心から真摯に寄り添う」

  あなたは、人と初めて対面する時、自己紹介をし、「よろしくお願いします」と言いませんか。
  あなたは、「おはようございます」、「お疲れ様」と言いませんか。
  あなたは、人とぶつかった時、「ごめんなさい」と言いませんか。
  あなたは、何かをしてもらった時、「ありがとう」と言いませんか。

  日常の中で無意識にしていることも礼節であって行動です。礼節を重んじ、感謝の気持ちと
 自分の目で見、耳で聴き、その人の人生が幸せでありますように、心から真摯に寄り添う介護を
 目指します。それが、施設職員全体のあるべき姿になるように…。 

 

<運営方針>

「礼節、感謝、誠実」

  私たちは、施設でかかわる人へ、感謝と礼節を持って接し、個別接遇の充実と、安心安全を
 念頭に、誠実で偽りのない正直な職員育成を推進し、職員一人ひとりが思い助け合う共同体と
 して、ご家族、近隣の皆様の信頼をいただける運営をしてまいります。

 

<職員理念>

「己を責めて人を責むるな」

  組織、チームであるならば、自分にとって都合の悪いことや、ユニットでの不都合な出来事
など が起こった時には、人の過ちを責めるのではなく、自分自身がどうであったかを一度考え、
常に自分の足元を見つめ直し、相手を信頼し、助け合える職員であれ。

 

<3つの勇気>

1.伝える勇気
   見て見ぬふりは同罪である。
   何か不都合、不適切な場面を目にした時には同僚又は上司に伝える。

2.発言する勇気
   会議等、報告を有する場合においては、発言できる勇気を持て。

3.助ける勇気
   人は何かに迷い、何かに傷つくことがある、そんな時、仲間とし何かを感じ、
   少しでも助けになれる人であれ。